2013年06月30日

シャシンカの皮を被った


ショーガクセイダンスィじゃねぇ? (小学生男子)

と、強く感じた。

130630_01.jpg

(先週の日曜日。展覧会最終日。開場前の列に並んでから入場)







自分が歩む時間、その時々刻々をリアルに生きるコトができる人。

その時、その瞬間を大切に向き合える人。 感じられる人。 ・・・ が、

首からカメラをぶら下げるコトによって生まれた作品。 ・・・ だよなぁ。

って、なんだか、とても羨ましかく感じてしまった。 (^_^;)



 ・

 ・

 ・



会場を出て、すぐに違う街へ。
自分が生まれた病院の斜向かいに、4〜5年前にできた小劇場へ。

入るの初めて、観る劇団・芝居も初めて。

観るタイミングが悪かった。 (-_-;)

シッカリしたモノ(完成された作品)で感動したすぐ後では、
あやふやな部分を多く残した作品を観ると、それが鼻につく。

(感想は他のブログに書いたからココでは書きませんが)

「とてもやさしい作品」でした。 (^_^;)



 ・

 ・

 ・



その後、夕方は、お気に入りのお店で珈琲を淹れてもらって、読書。


そしてその後、夜は、違うお店で焼酎2杯と読書(店にある本棚から)。



 ・

 ・

 ・


2週間分の休日を送ったので、今日(日曜日)は仕事でした。




 (^_^;)










posted by ファクト君 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々生活のエスキース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/70261865
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック