2013年04月12日

いつかみた展覧会。3


130412_01.jpg






  ☆






130412_02.jpg






  ☆






130412_03.jpg






エドワード・スタイケン写真展.pdf







様々な人達を被写体にした、数多くのポートレートにファッション写真。
どれもスバラシイと感じられるけれど、表現者と演出者のせめぎ合いに、
一枚一枚立ち会うのには、正直に疲れた。

 (^_^;)

どの時代にもある「その時代を映し出した美( = 新しいモード )」って、
いつの時代にあっても「新鮮な輝き」がありますね。改めて感動しました。

 (*^_^*)


と、それよりも、この展覧会を観終えると、やっぱり、

どーしても気になるのが、「The Family of Man」です。

早速、Amazonで購入。

130412_04.jpg

勇気を鼓舞する一冊です。

「今の時代の 『 The Family of Man 展 』 」を渇望します。


 (*^_^*)











posted by ファクト君 at 12:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々生活のエスキース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64793463
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック