2013年04月01日

浴室タイルの補修を頼まれた。


古いマンションの浴室の壁タイル、

130401_01.jpg

剥がれ落ちています。
天井との取合いが破損しています。
多分大きな地震の影響です。






浴室壁のいたる所、破損しています。

130401_02.jpg






天井も一部、落ちています。

130401_03.jpg




 (^_^;)




打音検査をしてみると、
ほとんどのタイルが浮いています。

130401_04.jpg






「剥がれているところだけ埋めてください」とお願いされましたが ・・・

無理です。

埋めた端から崩れ落ちます。

それでも「費用が無いので、埋めるだけでイイから」と状況を分かろうとしません。

気持ちは分かりますが、無理なモノはできません。

取りあえず、使えるようにと、

ひどく浮いているタイルは剥がして、カチオン系樹脂モルタルを塗って、

130401_05.jpg






モルタルで仕上げました。

130401_06.jpg






  ☆






  before

130401_07.jpg






   ↓






  after
130401_08.jpg






穴埋め分の費用+αだけで行ないました。 (T_T)

130401_09.jpg



取りあえずの応急処置です。



 (-_-)






posted by ファクト君 at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築ゴコロのエスキース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/64247944
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック