2011年12月29日

トゥールズ - ロートレック展


今月の初めに観にゆきました。(12月25日で終了)

ロートレックの作品を多く所蔵している三菱一号館美術館がオープンして約1年半。

111229_01.jpg






よ−やく観るコトが出来て嬉しかった!

111229_02.jpg






大規模な企画展にゆくのは

111229_03.jpg


1990年・Bunkamuraミュージアムの全版画展以来、21年振り。






姉妹館提携を結んでいるアルビのトゥールーズ=ロートレック美術館からもいっぱい。

111229_04.jpg






ロートレックの生涯を辿るような展示構成と

111229_05.jpg






ロートレックが描いた(見つめた)「人」にもクローズアップ。

111229_06.jpg






ロートレックが何を感じ 何に想いを寄せ 何を表現し続けたのか

111229_07.jpg






そして、まわりの 人 人 人 ・・・ が、どの様な人達だったのか

111229_08.jpg






ロートレックの哲学的な部分にも触れられたように感じました。

111229_09.jpg






 ・・・ 。






とても良い展覧会でした。


(*^_^*)





posted by ファクト君 at 16:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々生活のエスキース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/52563629
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック