2011年12月02日

部屋の壁紙を貼替えは・・・


貼られている古い壁紙やその下地状態によって、かかる手間が違います。

昨日の記事の貼り替えでは、壁紙(クロス材)を剥がしたときには
クロス材の下紙を残してきれいに剥がせたので、下地のパテ処理は
ほとんど行なわずに済みましたが、


例えばこの部屋、壁紙を剥がしたら

111202_01.jpg





下地のPB(石膏ボード)の上紙ごと剥がれちゃいました。

111202_02.jpg


コレはその壁のクロス材と下地の状態が原因で、ままあるコトです。




白っぽいところ(下紙を残して剥がれたところ)と
グレーっぽいところ(PB上紙も剥がれたところ)では
段差ができますから、パテを塗って段差を無くします。

111202_03.jpg


かなりパテ材を使います。

 (^_^;)




それから新しい壁紙を貼ります。

111202_04.jpg





 ☆





この部屋も

111202_05.jpg





(T_T)

111202_06.jpg





(-_-)

111202_07.jpg





(^_^)v

111202_08.jpg






このような場合は、パテ打&硬化の分、ちょっと工事の時間がかかります。



(*^_^*)



posted by ファクト君 at 06:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築ゴコロのエスキース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/51286100
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック