2011年10月04日

デッキは空間を広げてくれる


家の中と家の外、部屋と部屋、生活と生活、気持ちと気持ち・・・
住んでいる空間の(いろいろな意味で)幅が広がります。

なぜだか最近、ウッドデッキの工事について尋ねられることが多いので
手っ取り早く、ココ(ブログ)で紹介したいと思います。

「せっかくそれなりの費用を掛けるのですから
        いつまでもずーと保つモノを造る」 という、考え方です。

まずデッキの位置(横 縦 高さ 水平)を正確に決めるために遣り方出し。
根切って(穴掘って)、転圧ベースのコンクリ打ち、束石を置きます。

111004_01.jpg





柱と束を建てて根がらみで固定。外壁側に根太掛けを打ちつけます。

111004_02.jpg


ここで使っている柱は家の土台に使う材と同じです。
防腐防虫剤を加圧注入してもらいエムズの工場に搬入。
ファクトが塗料を下塗りしました。





デッキ材を張り上げます。

111004_03.jpg


床材は2×6のSPF材です。防腐防虫剤加圧注入+下塗り材です。
ウッドデッキ材は、ネットショップやホームセンターで買うことも出来ますが
特にホームセンターに置いている材は、使えるモノが少ないです。
ほとんど、反っていたり ネジレていたり 節が良くないところに入っていたり・・・
使えるのは、7〜8本に1本くらいです。
エムズでは問屋にある程度使える材選んでもらって購入し
更にエムズの工場で選別して使うので、少し多めに注文します。
使えない材では仕事が出来ないので、それなりの金額の確りとした材を使います。





パーゴラの造作。

111004_04.jpg





ココにお住まいの方は外出が多く、洗濯物を干し放っぱなしでもイイ様に
パーゴラにポリカネ-ドの波板を張りました。

111004_06.jpg





隣の家の給湯器が横にあったので、

111004_07.jpg





目隠しも兼ねてラティスを設置しました。

111004_08.jpg



このラティスもエムズで造りました。
長持ちしますヨ。 (*^_^*)


 ・

 ・

 ・


長くなりますね、まだまだ続くので次の記事へ・・・


m(_ _)m


 ↓

http://fakuto-kun.sblo.jp/article/48376413.html






posted by ファクト君 at 14:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築ゴコロのエスキース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/48318641
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック