2011年05月07日

ロバートブラウンのコップ


前の記事の青山円形劇場と青山劇場がある“子どもの城”は、
自分(ファクト)が「子どもから最も遠い世界」にいた時期に開館した施設です。
でも開館当初から、デートやデート、子どもとお出掛け、家族で観劇・・・などなど、
ずいぶんと長いお付き合いです。

ですから、入口広場にある「子どもの樹」とは、

110507_01.jpg



すっかり顔なじみです。


このモニュメントと、Expo'70 の太陽の塔、「芸術は爆発だ!」、顔のコップ・・・が、
自分(ファクト)にとって、岡本太郎さんでした。

先日、国立近代美術館へ行きました。

110507_02.jpg



「生誕100年 岡本太郎展」という回顧展・・・と、いうよりも、「100年祭」って感じでした。

沢山の作品と人々(ゴールデンウイークで大人も子どもも!)が集まって、お祭り騒ぎ!

頭で考えるよりもはるかに早くココロで感じられる作品ばかりで、一つ一つの作品に触れる度に
ポンポン感情のキャッチボール(作品と)をしている様で、すっごく楽しかったです。

今年のゴールデンウイークの思い出になりました。

(*^_^*)


110507_03.jpg



110507_04.jpg



110507_05.jpg



110507_06.jpg



 ↑ 

このグラス、実家にありました。

posted by ファクト君 at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々生活のエスキース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44940896
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック