2011年02月20日

コロニアル(と、一般的に言われている)屋根の張替え


(前回の記事の通り)「屋根の防水性」は石綿スレート板を塗装しなくても大丈夫。

でも、今回のお宅は、板のひび割れや不良補修による雨漏れの修繕と
屋根の塗装を希望されていたので、コロニアルの葺替え工事を選択しました。
(いろいろな方法をコスト的に考えて)

110220_01.JPG



まず、既存のコロニアル板を解体撤去します。

110220_02.JPG



それから、傷んだ野地板を部分補修して板金金物を設置、防水シートを張ります。

110220_03.JPG



屋根の防水は、この緑の防水シートで行ないます。
防水層(防水シート)を保護するためにコロニアル板を張ります。

110220_04.JPG



あ、あと美観のためにです。

110220_05.JPG



完成写真、雪がちょっと邪魔ですね・・・



before

110220_06.JPG



after

110220_07.JPG



今回の工事は、えむ造(大工)と板金職人(エムズ仲間)で行ないました。


(^_^)v




posted by ファクト君 at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築ゴコロのエスキース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43503515
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック