2010年10月25日

街(都市)とソコに生きるヒト(想い)のノイズをカタチに・・・

と、言うのが
劇団「NOISE」の名前の由来だった様な・・・?
思い(覚え)違いでしたら、ごめんなさい。

野外劇が行われたのは、1988年。

101025_01.jpg



美術館のサンクガーデンで屋外上演。

101025_02.jpg



正直言って、ストーリーは思い出せません。

でも、あの時の風景・気温・風・音・役者の動き・・・
その場所に佇むと、野外劇の残像はミエます。

その時期に上演された芝居(NOISEの)は、いくつか観たけれど、
なんとなく、いいたいコト(台本)と役者の表現がチグハグしていたように感じられ(自分には)、
良い印象は無かったけど、如月小春さんのエッセイが大好きだったので通いました。

でも、ココロに強く残っているというコトは、それだけココロが動いたんでしょうね。

さて、

次は「甍道」につづきます。

(^_^)
posted by ファクト君 at 06:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々生活のエスキース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41476863

この記事へのトラックバック