2011年09月30日

洗面台と便器の交換


ちょっと古いマンションの、ちょっと狭い洗面所とトイレ。

110930_01.jpg



写真にも納めにくいです。 (^_^;)





入口ドアを引き込み戸に変更するので、間仕切り壁を壊して

配管の取り直しもするので床も壊して、配管工事。

110930_02.jpg





床と壁の木工事。

110930_03.jpg





仕上げ工事をして、設備を取付けます。

110930_04.jpg











before

110930_05.jpg




    ↓




after

110930_06.jpg











before

110930_07.jpg




    ↓




after

110930_08.jpg





工事終了です。



(*^_^*)



posted by ファクト君 at 16:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築ゴコロのエスキース

2011年09月21日

投げ銭入れてくれたら嬉しいケロ



と、書いてあったので ¥2,000- 入れて、

110921_01.jpg





CDをもらった。

110921_02.jpg






  ・


  ・


  ・





先日、東京オペラシティアートギャラリーの

110921_03.jpg





企画展へゆきました。

110921_04.jpg





企画展示の内容は、
・アトリエ・ワンの「ハウス&アトリエ・ワン」
・西沢立衛の「森山邸」
・北山恒の「祐天寺の連結住棟」

イントロダクションは、
「いずれも東京という都市の中に計画され、
 敷地と周辺の条件をふまえてまわりと関係をつくろうとする建築」

「ひとたびドアを閉めると孤立しがちな大都市の中で、
 『個を保ちながらも都市とつながりを持つこと』の可能性を模索」

と言うコトですが・・・

観覧した感想は、「現代に合わせた長屋と路地空間だよな」 ・・・かな?

でも、コンセプトには頷けるこコトも多く、勇気をもらいました。




サクサク回ってすぐ外へ。




出たところのサンクガーデンでギター演奏。

110921_05.jpg





テルイショウ( http://tellshow.goemonburo.com/ )さん。

110921_06.jpg




東京のヘブンアーティスト活動です。









さてさて、時間がないので電車に飛び乗り下北沢へ。

110921_07.jpg





ポツドールのお芝居を観みました。

110921_08.jpg





ポツドールのお芝居は初めて、予備知識もゼロ。


人気がある演劇ユニットなのでミーハー気分で観劇です。


お芝居は、絶妙な演出と役者の頑張りが“芝居”としてキッチリ収った素敵な作品でした。


お話しとかテーマとかについては不満まんまんだけれど、職人技の演出で作品的に納得です。


観られて良かった 良かったです。


(*^_^*)



posted by ファクト君 at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々生活のエスキース

2011年09月17日

使わなくなってしまった屋上は・・・


・・・荒れてしまいますネ ・・・やっぱり。

110917_01.jpg





階下にある部屋で雨漏り。



防水工事を頼まれました。





まず、洗浄して

110917_02.jpg





下地調整。

110917_03.jpg





プライマーを掛けて

110917_04.jpg





防水材を中塗り・上塗りして、不陸調整。

110917_05.jpg





トップコートを塗って

110917_06.jpg





終了です。



(^_^)v





建てた時からなのか、建物が古いからなのかは分かりませんが

もともと水がいっぱい溜まるところがありました。

110917_11.jpg





下地調整をしましたが

110917_12.jpg





かなり凹んでいるようで、

110917_13.jpg





後に行なう不陸調整での処理が難しそうなので

カチオンで調整しました。

110917_14.jpg








110917_15.jpg





ここもひどいので

110917_16.jpg





調整して

110917_17.jpg





仕上げます。

110917_18.jpg











before

110917_21.jpg




    ↓




after

110917_22.jpg










before

110917_31.jpg





    ↓




after

110917_32.jpg





防水工事は、その建物の状態によって臨機応変に対応するコトが大切です。

水の侵入を防ぐか防げないか、工事に求められる結果は明快です。

ですから、マニュアルも大事ですが、工事の勘所が特に大事です。




(*^_^*)



posted by ファクト君 at 18:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築ゴコロのエスキース

2011年09月15日

浴室入口の段差解消と・・・


・・・冬に冷たいタイル床対策です。

110915_01.jpg





以前にもブログで紹介した某メーカーの床パネルを敷きます。

110915_02.jpg





現況に合わせて現場加工するのでピッタリです。

110915_03.jpg





床表面の水はけが良くて、滑りにくく

110915_04.jpg





段差も無くなります。

110915_05.jpg











before

110915_06.jpg





    ↓





after

110915_07.jpg





お薦めです。



(*^_^*)



posted by ファクト君 at 18:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築ゴコロのエスキース

2011年09月13日

間違い探しの問題・・・


・・・ではありません。




浴室の入口の折れ戸ドア。

110913_01.jpg





長年使っていると、いろんなトコロが傷んで壊れます。



在来の浴室は、サッシ枠にタイル納まりが絡んでいるので

枠を取外した交換は、ちょっとした工事になってしまします。

ですからドアの交換を考える時には、もとの枠に新しい枠を

被せてサッシを取付けるカバー工法を行なうことが多いです。




工事後の写真です。

110913_02.jpg





(^_^;) 



よく分かりませんよね。



被せて納める(取付ける)ので、ドア寸法はちょっと小さくなるけれど

枠の厚み程の寸法なので、ほとんど気になりません。





before

110913_03.jpg





    ↓




after

110913_04.jpg










before

110913_05.jpg





    ↓




after

110913_06.jpg










before

110913_07.jpg





    ↓




after

110913_08.jpg










before

110913_09.jpg





    ↓




after

110913_10.jpg











110913_11.jpg




廻りはコーキング処理で納めます。





(^_^;) 



・・・まぁ、



壊れた浴室ドアも交換することが出来ますヨ。



・・・と、いうコトです。



(*^_^*)




posted by ファクト君 at 06:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築ゴコロのエスキース

2011年09月11日

フローリングのリペア 其の一


フロア材の単板(ツキ板)部分がザックリ剥がれてます。

110911_a01.jpg





写真だとよく分からないけれど1〜1.5oは剥がれています。


どーしたらこんな風に剥がれるのだろうか?



「どーせ、カーペットを敷くから

 ホームセンターに売っているシール見たいの貼って」と頼まれたので、



まず、パテで埋めて

110911_a02.jpg





ペーパー掛けて、プライーマ−を塗ります。

110911_a03.jpg





それからシートを貼ります。

110911_a04.jpg





(^_^;)


色はなかなか合うモノがありません。



このくらいの補修でも、材料費だけで2,3千円かかります。



誰でも簡単にできますよ。



(*^_^*)















フローリングのツキ板(単板)部分を全く新しくする方法もあります。



例えば、製品(フローリング)の不良箇所が後から分かった場合。

110911_b01.jpg





塗装下のツキ板部分の汚れが日に当たり浮き出てしまいました。


この場合、(その不良箇所のある)商品まるまる一枚分の

ツキ板(表面部分)を貼替えます。



まず、ルーターでフローリングの表面を削り取ります。

110911_b02.jpg





厚みは、特別オーダーのツキ板合板に合わせます。

110911_b03.jpg





削り取った箇所をノミで平らに仕上げます。

110911_b04.jpg





平らに削ったら、ツキ板合板を貼り付けて仕上げます。




(  写真は無しです。 m(_ _)m )




この方法ですと、材料費と工賃合わせるとかなり高い費用が掛かります。


滅多に行なうことの無い工事です。




こちらは、誰でも行なうことは出来ませんね。



(^_^;)




posted by ファクト君 at 08:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築ゴコロのエスキース

2011年09月08日

バルコニーにウッドタイル


この前の記事・・・

110908_00.jpg





・・・の続きです。( http://fakuto-kun.sblo.jp/article/47698006.html




バルコニーに並べるとこんな感じです。

110908_01.jpg





普通、並べ方は “ 千鳥 ” か “ イモ ” だけれど、

バルコニー床の排水処理の仕上げに合わせてチョット変わった並べ方です。

110908_02.jpg





目隠しフェンスとベンチも置きました。

110908_03.jpg








扉のトコロは、

110908_04.jpg








扉も

110908_05.jpg








before

110908_06.jpg




    ↓



after

110908_07.jpg








before

110908_08.jpg




    ↓



after

110908_09.jpg








before

110908_10.jpg




    ↓



after

110908_11.jpg







こんな感じです。




参考なりましたか?




(*^_^*)


posted by ファクト君 at 06:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築ゴコロのエスキース

2011年09月06日

いま一番訪れたいミュージアムって・・・


・・・やっぱり、カップ麺博物館( http://www.cupnoodles-museum.jp/index.html )です。

110906_01.jpg




(*^_^*)


発売当時の昔から、(ファクトの親が)箱買いして家族で食べていました。


(^_^;)


ずーと大好きで食べ続けています! いつも買い置きはちゃんとしています!


・・・と言っても、もう歳なので、今は週に1〜2食くらいしか食べていないけれど。


・・・。


・・・何を書いてるンだか。


(-_-;)



話を変えます。



昔、新宿遊歩道公園を通って明治通りに出たところに

ライブハウス(日清パワーステーション)がありました。

110906_02.jpg



(地図検索で画像確認、建物はそのまま残っているようです。)




確かそこで行なわれたライブへ行ったのが最後だった・・・

110906_03.jpg




ような・・・ 



それ以来の随分と久し振り。




入場前に近くのカフェで食事して、

110906_04.jpg



(なぜか一々食べるモノを写メで撮る娘につられて・・・)




下北沢440 へ

110906_05.jpg




『Mountain Folk #008』

110906_06.jpg




高橋研 with Acoustic Gentlemen

(Guitar:狩野良昭 Violin:中井一朗 Piano&Accordion:佐藤史朗 Bass:吉岡誠司)




相も変わらず素敵なライブでした。



(*^_^*)



これだけスゴイパフォーマンスを安い料金で間近に観られるのって、素敵に幸せです。



( 妻が連れて行けってゆーから仕方なく ) そして ( どこで誰のライブかも教えずに )

一緒に連れてった娘が席に着く頃に 「この人、私の受けている授業の講師だ」とポツリ。

「へぇ、なに教わってンの?」

「ポップス・ロックのミュージシャンや流れみたいなモノ」

「ふーん、じゃあ、どんな人(音楽)なのか知ってるんだ」

「ゼンゼン、今日初めてだよ」

「アホ!ボケ!」

普通、興味持つだろ。リアルに関わってるンだから。

でも、まぁ、(80年代全開音楽だけど)結構楽しんで満足していた様なので、いっかぁ。

さすが“平成生まれの昭和の娘(コ)”です。


ヽ( ´ー`)ノ フッ



posted by ファクト君 at 05:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々生活のエスキース

2011年09月02日

そっか、一年経ったンですね・・・


・・・ブログを始めてから。

日記も ろくに続いたコトないのに・・・奇跡ですね (^_^;)


改めまして、これからも宜しくお願いします。


110902_01.jpg




今日の空は、




台風のせいで変な天気です。





・・・。





( 話がそれそうなので本題へ )





さて、工場の屋上に上がったのは

110902_02.jpg




この写真を撮るため




先日、「マンションのベランダをウッドデッキ風にするのにいくら掛かるの?」と

聞かれたので、頭の中でザックリ計算して答えたら、ビックリされた。


「ホームセンターに置いてある材料で考えると(金額が)高い!」と言うコトです。


ハッキリ言わせてもらいますと、ホームセンターに置いてある材料でシゴトをすると

シゴト内容(料金・仕上がり・耐久性・満足度・・・)のバランスがすごく悪くなります。


その様なシゴトは出来ません。


「商品が粗悪だ」と言うことではなく(ファクトもよく通うし、買いますヨ)、

使いかたを考えなければいけない・・・と言うコトだと思います。



例えば、ベランダの床に並べるウッドタイル。

110902_03.jpg




左がホームセンターのモノで、右がエムズでよく使うモノ(違う色もあります)です。



値段はホームセンターのモノよりも3倍くらいはしますが、

110902_04.jpg




裏のつなぎの樹脂部材が全く違います。


そして、


木材の品質や厚みも全く違います。

110902_05.jpg




部材の持ちが(3倍以上は)長くなるのはもちろんですが、

造るとき・使ってから“手を入れるコト”が出来る部材です。 ( ←コレ、大切なことです )



毎日使うトコロ・よく使うトコロであれば、やっぱり、確りした部材が必要です。






次の記事で、工事例の写真を載せます。




(*^_^*)
















話は変わります。















(一年前のブログのその後)姫小松のテーブルは

110902_06.jpg




二つ造って、塗装はお願いして( http://www.kawamatapaint.com/ )、

110902_07.jpg




届けてもらいました。



(*^_^*)


posted by ファクト君 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築ゴコロのエスキース