2016年12月27日

マンションの床畳の下地組は・・・

・・・いろいろありますね。
161207_010.jpeg

下組を見ると、建設会社、造られた時代などなど、いろいろなコトが分かります。
161207_020.jpeg

結構、ゴミがいっぱい出ます。
161207_030.jpeg

ホントにいっぱい出ます。
161207_040.jpeg

防音を考慮した置き床を設置。
161207_050.jpg

仕上げの下張りは木質系合板。
161207_060.jpg

で、タイルカーペット。
161207_070.jpeg

畳とは違う感じだけど、ゴロゴロ出来ます。

(*^_^*)
posted by ファクト君 at 18:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築ゴコロのエスキース

2016年03月15日

誘導用のプレートの貼り替え

店舗のアプローチ
160315_01.jpg



塩ビプレートをコンクリートのタタキ仕上げに貼るときは
かなり下地処理に気を遣わなくては、こーなります。
160315_03.jpg


土間がこの状態だと、切り込んでコンクリ版かタイル版のプレートを
埋め込まないとダメ。


と、言ってるのに同じ物で貼り替えることになってしまった。
 (-_-)
剥がれないように努力はするけれど、絶対に剥がれます。
160315_04.jpg
(プライマー3回塗り!)



4点ビス止め!
160315_05.jpg


貼り替え完了!


1年後、剥がれた。 (^_^;)
160315_06.jpg



どーにかして ・・・と言われても ・・・ (^_^;)
160315_07.jpg
とりあえず、酷いところは貼り替えて、



鬼のようにビス打ちです。
160315_08.jpg


こーゆーのを“押っつけ仕事”と言います。


ココロが荒みます。


完成!
160315_09.jpg



あれから2年経ったけど、大丈夫なようです。
何とかなっちゃうから、困ります。
“押っつけ仕事”が無くなりません。
困ったものです。

 (-_-;)



posted by ファクト君 at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築ゴコロのエスキース

2015年12月31日

今年も大晦日までお仕事です。


(^_^;)

和室の天井の雨漏りは直したから、天井を綺麗にして ・・・ と、言われました。

011.JPG




耐水合板を貼り被して、

021.jpg




クロス貼り。

031.jpg




壁はもともとクロス貼りで、ちょっと汚れていたので、

041.jpg




一緒に貼り替えました。

051.jpg




隣の和室も雨漏りあとなので、

061.jpg




同じように

071.jpg




綺麗にしました。

(^_^)v



良いお年を。

来年もよろしくお願いします。

m(_ _)m

posted by ファクト君 at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築ゴコロのエスキース

2015年08月08日

床の段差


廊下と部屋の床の段差を無くします。

150809_01.jpg




部屋に入る敷居の高さまで上げるため、木質系合板を貼りかぶせてから
仕上げのフロアー材を張ります。

150809_02.jpg




こんな ・・・

150809_03.jpg




・・・ 感じです。

150809_04.jpg

部屋の床も替えました。
ついでに床暖房にしました。




元の床は、

150809_05.jpg




全て壊して、

150809_06.jpg




大引き・根太も新しく造ります。

150809_07.jpg

普通とちょっと違いますよね?




断熱材敷き込むためです。

150809_08.jpg

受け金物使ったり、もっと簡単にできるンだけれど、
エムズの職人は、こっちの方が面倒くさく無いンだって。
 (^_^;)
まぁ、剛性も高まるし、いっかぁ。




で、床暖パネルをセットして、

150809_09.jpg




仕上げのフロア材を張って終了です。

150809_10.jpg





  before

150809_11.jpg



   ↓



  after

150809_12.jpg




床のリフォームでした。 (^_^)v




posted by ファクト君 at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築ゴコロのエスキース

2015年07月22日

笑いのツボで ・・・


映画「海街ダイアリー

一ヶ月くらい前、作品が公開されてすぐに鑑賞しました。
とても満足(感動)できる素晴らしい映画でした。

いま、ネットで、観た人達のレビューをチラチラ読んでも、好評なようです。
その中で、ちょっと気になるのが、
ドラマがない・淡々と進んで行く・事件が起きない・山場がない・濃淡のない話 ・・・
と、云うような感想も多くみられること。
自分は観ていて、冒頭から終わりまでドラマがギッシリ、いやドラマだけではなく
映画的要素の全てがギッシリ詰まっていて、とても濃密さを感じました。
結構、ドキドキしながら観ていたし、コロコロとココロも動かされました。
( にも関わらず、映画の流れが素直にスーとココロに染み入るのが憎らしい )

やっぱり見るヒトによって、違うンですね。


150722_01.jpg


自分が観た回の場内には、老若男女、お年を召した夫婦も多数いました。
映画は楽しく微笑ましいシーンも多く、観客から笑いも起きます。
そして、世代によって笑うシーンが違うのですが、
自分は、完全にお年を召した方と同じでした。
そっか、「おじさん」から「じいさん」に成りつつあるんだな (^_^;) 。

妻は隣で、同世代か下の世代と笑っていました (^_^;) 。

まぁ、どーでもいいことですけれど。

ほんとに。




posted by ファクト君 at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々生活のエスキース

2015年07月14日

トイレの修繕


鉄骨の建物のトイレ。
トイレの角、壁に柱型があります。

150714_01.jpg

トイレの奥行きを広くしようとしたのかな?
タンクを凹んだところに納めて、便器を設置していました。
手洗い器も左側(便器を寄せた方)に付けちゃっているので、
「使いづらかった」よーです。




修繕します。
便器を撤去です。

150714_02.jpg




配管の位置を移動して、床を造作します。

150714_03.jpg

新しい手洗い器も左側に付けるので、気持ち左側を広くします。




元の床は、敷居を跨ぐように取り付けていたので、よくつまずいたそーです。

150714_04.jpg




新しい床の高さは、敷居の天端に合わせます。

150714_05.jpg




給水管は既存床上で切り廻し、壁出し仕様にします。

150714_06.jpg




便器を設置します。
タンクレス便器にして、奥行きを確保します。

150714_07.jpg

で、手洗い器を置く周りの壁はキッチンパネルを張ります。




手洗い器を設置して、完成です。

150714_08.jpg

給水管の為の小壁上、窓下の収納を作りました。

 (^_^)v





  before

150714_09.jpg




   ↓




  after

150714_10.jpg




 (*^_^*)




posted by ファクト君 at 17:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築ゴコロのエスキース

2015年07月05日

ツイッターじゃないよ


150705_03.jpg


「こんど、シンビでマグリット展やるんだって」と、行きたそうな妻。

妻は年に2、3回くらい、美術展へ行く。
自分は年に24、5回は、美術展へ行く。

あ、そっか、いつも一緒に行ってたンだっけ。

マグリット作品の様なフシギな作品の美術展があると、二人で出掛けていた。
昔から。 当たり前のように。 二人で観て、面白がっていた。
でも、ここ何年も行っていない。(そのような美術展には)
二人の休日が合う時に、なかなか巡り会わないから。

その企画展については、一年近く前から知っていた。
でも、観に行くつもりは無かった。
興味はあったけど、ほかに行きたい企画展が幾つもあったから。
なん年も数多くの美術展に通っていると、好みの幅も広がるし
やっぱり、歳を取ると好みも変わる。

なんか一方的にルール(?)を破ってしまったような、
すまないような気持ちになってしまっった。

 (^_^;)

結局スケジュールが合わず、先に妻が観に行った時、送ってくれた写真。

150705_04.jpg




元ネタはこれです。

150705_05.jpg




自分も、なんとか観に行くことできました。閉会三日前に。
 (-_-;)
「あなたが観に行ったときに買ってきて」と言われていた図録も買えました。

  ・
  ・
  ・

 (^_^;)




posted by ファクト君 at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々生活のエスキース

2015年07月04日

前回の続き ・・・


・・・ 明日と言いながら、何日か経ってしまいました。(-_-;)

戸袋の上端の板金、塗装が大きく剥がれています。
これは、高水圧洗浄で浮いていた塗膜も剥がしたからです。
あと、壁にクラックも確認できます。

150703_01.jpg

ちゃんと下地調整をして、




錆止め下塗り、クラック埋めをします。

150703_02.jpg




で、中塗り。仕上げ塗りです。

150703_03.jpg




下屋と外壁立ち上がりの取り合い部分です。

150703_04.jpg




塗膜が浮いているところは、ちゃんとケレンして
ひび割れの開きが広いところは、Vカットを入れます。

150703_05.jpg




下地処理・下塗り・中塗・仕上げ塗りです。

150703_06.jpg




ここは、家の角、鉄柱で支えているところです。

150703_07.jpg

木造に鉄骨だし、こーゆーところは大きく応力が掛かるので
壊れやすいです。(T_T)




ちゃんと、補修をして

150703_08.jpg




仕上げます。

150703_09.jpg




この様な補修や下地処理をキッチリやって、
初めて塗装工事の意味があります、
家が長持ちします。(*^_^*)
【仕上げ塗料】を的確な方法で塗りつけることは、もちろん大事。
【仕上げ塗り】をするまでの作業、【的確な処理と材料選び】も大事。
それだけの知識と技術を持った塗装屋さんは、なかなかいません。
残念ですけれど。(^_^;)





posted by ファクト君 at 11:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築ゴコロのエスキース

2015年06月29日

ペンキの塗り替え


  before

150629_01.jpg




   ↓




  after

150629_02.jpg




・・・ って、なんか、上手く写真を撮れなかったからなのか
どれだけキレイになったのか、よく分かりません。
(-_-;)
分かりやすいように、部分的に塗り替えの確認写真を載せます。
(^_^;)

まず、上の方から、屋根です。工事前です。

150629_03.jpg




高水圧洗浄です。

150629_04.jpg




板金屋根なので、ケレンとシール処理です。

150629_05.jpg




で、下塗りは錆留め塗料です。

150629_06.jpg




中塗りをして、仕上げ塗りで終了です。

150629_07.jpg




次に、軒天。部分的に傷んでいるところは、

150629_08.jpg




修理します。下地処理をしてケイカル板を張りました。

150629_09.jpg




それから、下塗り・中塗り・仕上げ塗りです。

150629_10.jpg




 ・

 ・

 ・

明日に続けます。

m(_ _)m



posted by ファクト君 at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 建築ゴコロのエスキース

2015年06月19日

西川口の鋳物工場が舞台なんだけれど、


ぜんぜん"鋳物の街"をテーマにしていません。

150619_02.jpg

『彼女の起源』

退廃し崩れ去った"鋳物の町"のカケラの中に閉じ込められている夢物語。

全くもって60〜70年代のアングラ演劇(大好き!)。

菜月チョビ(久し振り!)と石崎ひゅーい(初めて!)は兄弟役。
カセットテープの録音越しでの会話で繋がる兄弟。愛おしい絆。
ほんとの"おねぇちゃん"と"おとうと"に思えた。

さすが二人とも歌うまっ!

とても優しいお芝居 ・・・ 
あ、それがアングラ演劇と違うトコロかも。
観ていてココロがヒリヒリしないトコロが。

でも、まぁ、好きな劇団です(愛せる劇団です)。

気が向いたら、また観に行こ。

(*^_^*)

posted by ファクト君 at 13:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日々生活のエスキース